業者じゃない一般消費者だから語れる 太陽光発電とオール電化の真実(デメリット、短所、問題)を伝えます。


トップページ ホントにお得? デメリットは? 見積と導入 我が家の物語 NEWS! 最新情報
 

太陽光発電 10年で元が取れる、ってホント?



2010/3/28
「太陽光発電 10年で元が取れる、ってホント?」

「何年で元が取れるのだろう?」

太陽光発電を導入する前に疑問に思いますよね?



我が家では導入してもうすぐ6年になります。

6年前は、「15年で元が取れます」と言われました。



2009年7月、経産省「買取制度小委員会」のモデルケースによると、

「10年で元が取れる」という試算がなされました。

●3.5kWの太陽光発電システムを導入する。 ・・・・・・・・+ 185万円

●国の支援(補助金+減税)・・・・・・・・・・・・・・・− 約43万円

●自治体の支援(補助金+グリーン電力価値)・・・・・・・− 約20万円

●電気料金節約量(10年間の合計)・・・・・・・・・・・− 約35万円

●新しい売電収入(10年間の合計)・・・・・・・・・・− 約100万円


ただ、試算の内訳を見ると、この結果が

すべての人に当てはまるものでは無いことがわかります。



1.導入時のシステム価格が、3.5kWで185万円に設定されている

2.国・自治体からの補助金が実態より高く見積もられている

3.発電量と売電収入が、高めに見積もられている

以上の3点を考えてみましょう。



1.導入時のシステム価格が、3.5kWで185万円に設定されている

 3.5kWで185万円というのは新築のケースを考えています。

 既築住宅では、新たに工事が必要だったり、屋根の形状を考慮したりするため、

 数十万円高いケースが多くなります。

 さらに、オール電化でない家の場合は、

電気の節約量も少なく見積もらなければならないでしょう。



2.国・自治体からの補助金が実態より高く見積もられている

 自治体の補助金は現状、全国約3000の自治体のうち500程度しか

 実施していません。

 (2010年はどうなるか、これから決定されます)

 また、補助金の枠が少なく、早期に埋まってしまう所もあります。



3.発電量と売電収入が、高めに見積もられている

 発電量や売電収入に関しては、立地や生活スタイルによって

 バラツキが大きいのです。

 だいたい1kWhのシステムにつき、年間1000kWhの発電が

 できるとされています。

 この試算はそのうち6割を余剰電力として売電できるという前提です。

 家によっては、日照の問題もあるでしょう。

 また、南向きの屋根が広くて、太陽光パネルを全て南向きに設置できれば

 問題ありませんが、我が家のように東西の屋根に振り分ければ、

 発電効率が悪くなります。


 余剰電力の売電についても、

 昼間、家に人がいない家庭であれば、発電した電気の多くを売ることが

 出来ますが、家で仕事をしていたりする場合、発電した電気を消費すれば、

 その分の売電量は少なくなります。



このように、家の状況・生活スタイルによって、何年で元が取れるかは

変わってきますので、ご注意ください。


「大丈夫ですよ、『10年で元が取れる』って政府が言ってるんですから」

なんていう、悪徳業者の言葉を信じないようにしてくださいね。(^^)

スポンサーリンク



Copyright © 2009- 太陽光発電とオール電化のホントのところ All rights reserved.
by 太陽光発電とオール電化のホントのところ