業者じゃない一般消費者だから語れる 太陽光発電とオール電化の真実(デメリット、短所、問題)を伝えます。


トップページ ホントにお得? デメリットは? 見積と導入 我が家の物語 NEWS! 最新情報
 

  オール電化と太陽光発電 2話 営業マンがやってきた



家を建ててようやく落ち着いた頃、

一人の営業マンが家を訪ねてきた。

手には「太陽光発電」のパンフレットを持っていた。



既に名前さえ忘れてしまった会社の営業マンなのだが、

(名刺をどこかに無くしてしまったので わからない)(残念!)

僕が庭にいるときに、

「こちらのおうちはオール電化ですよね?

太陽光発電をお考えではないですか?」

と話しかけてきた。



太陽光発電のことは、考えていた。

でも、システムを導入するのに、ウン百万円かかることも知っていたので

あきらめていたのだ。

若いのに、何だか早口で、落ち着きのない感じのその営業マンK君は、

「よろしければ少しお時間をください」

と言って、自社のパンフレットを出し、

いかに自社の太陽光発電システムが安いかを話し出した。

・太陽光発電のメリット

・地球にやさしい生活

・補助金が出る今が買いどき

ということを矢継ぎ早に説明し、

「今、ご契約をしていただければ、もっとも安い料金で

ご提供できます。」

と、営業マンK君は言い出した。



僕はあまり衝動買いはしない方だけれど、

この時はとても迷ってしまった。

太陽光発電は魅力だった。

この時は補助金のことを知らず、

遅かれ早かれ買うのであれば、

補助金がある方が良いに決まっている。

補助金のことを考えたら、

「今」でなくてはいけないと思ってしまったのだ。

(もう、このチャンスは来ないかもしれない・・・)


「1日、考えたいので、資料をください」

と、かろうじて言うと、

「今しか無いんですけどねぇ・・」

と言いながら、その営業マンK君は資料を 渋々という感じで置いていった。

(なぜか、見積もり価格の資料は置いていかなかった)

スポンサーリンク


「3話 悪徳業者?」へ 続く


Copyright © 2009- 太陽光発電とオール電化のホントのところ All rights reserved.
by 太陽光発電とオール電化のホントのところ