業者じゃない一般消費者だから語れる 太陽光発電とオール電化の真実(デメリット、短所、問題)を伝えます。


トップページ ホントにお得? デメリットは? 見積と導入 我が家の物語 NEWS! 最新情報
 

太陽光発電システムの寿命



太陽光発電システム(ソーラーシステム)には、
メーカーが保証を行う保証期間が約10年間あります。
ほとんどの太陽光発電システム製造メーカーが定めています。

しかし、これはメーカー側がシステム全体に修理保証を行う
期間であって、太陽光発電システムの寿命ではありません。

システムとしてどのくらいが寿命なのかは、
太陽光発電が市販されてからあまり年数がたっていないので、
よくわからないというのがホントのところのようです。



太陽光発電システムで一番気がかりなのは、
定期的なメンテナンスを行わないと、寿命が縮まってしまうのではないかという
不安感ですね。

屋根の上には様々なほこりや砂、木の葉や木の実など張り付いてしまい、
発電能力が落ちてしまったり寿命が短くなってしまうのではないかと思って
しまいがちですが、この点については太陽光発電システムにも対策が施され
ています。

JQA(日本品質保証機構)の実験によると、
ほとんどの汚れは雨などで流されてしまうそうなので心配はいらないそうです。

スポンサーリンク


「太陽光発電パネルと機器の寿命」へ 続く


Copyright © 2009- 太陽光発電とオール電化のホントのところ All rights reserved.
by 太陽光発電とオール電化のホントのところ