業者じゃない一般消費者だから語れる 太陽光発電とオール電化の真実(デメリット、短所、問題)を伝えます。


トップページ ホントにお得? デメリットは? 見積と導入 我が家の物語 NEWS! 最新情報
 

  ナベやフライパンが使えなくなる?



レンジを、IHクッキングヒーターにすると、

今使っているナベやフライパンが使えなくなることがあります。



だいぶ昔に販売されたIHクッキングヒーターは、

まだ、オールメタル対応ではなく、

銅やアルミ製のナベが使えないこともあり、

IHでは使えるナベが限定されるといわれたこともありました。



近年販売されているIHクッキングヒーターは原則として

オールメタル対応となっており、金属製であればほとんどのナベで

調理することができるようになっています。

ただし、土鍋、ガラスのように金属製でないナベについては

現在でもIHで使用することができません。

(IH対応の土鍋は販売されています。)



IHクッキングヒーターにとして適したナベは、

材質以外にもその形状も重要になります。

1.ナベ底が平ら

2.ナベ底が広い

IHの場合、

IHクッキングヒーターに触れている部分だけに電磁線が通ります。

なので、ナベ底が平らでないと必要な電磁線が流れにくく、

加熱効率が悪くなってしまうのです。


IHクッキングヒーターを使う場合は、

IHに適したナベを選ぶようにすれば

それだけ省エネ効果、調理時間短縮効果もアップします。




我が家では、お気に入りの中華ナベが使えなくなってしまいました。

ナベ底が丸くて、熱が通らないのです。

その中華ナベは結婚当初に買ったもので、

妻がこの中華ナベをフリ回して(笑)、作ってくれた

カラっとしたチャーハンは最高でした。

このフライパンは、野外バーベキュー専用となりましたが、

あのカラっとしたチャーハンは、

やはり火と中華ナベがあってこそのものだったなぁ と思います。

(僕にとって、このチャーハン問題が

オール電化の一番の問題点だと思っています。)(本当)(^^;)



冬のナベ料理が出来なくなる、ということはなく、

我が家では前から、カセットコンロを食卓に置いて、

「ナベ」をしていましたので、問題無しです。



災害時のことを考えて、

我が家では、カセットコンロのガス(カセット)は

切らさないように注意しています。

スポンサーリンク


「IHは火力が弱い?」へ 続く


Copyright © 2009 太陽光発電とオール電化のホントのところ All rights reserved.
by 太陽光発電とオール電化のホントのところ