業者じゃない一般消費者だから語れる 太陽光発電とオール電化の真実(デメリット、短所、問題)を伝えます。


トップページ ホントにお得? デメリットは? 見積と導入 我が家の物語 NEWS! 最新情報
 

  お風呂の追い炊きができない?



電気給湯器やエコキュートは、

深夜の安い電気でお湯を作って溜めておきます。

僕たちは、朝〜夜に その溜めたお湯を使うわけです。



そこで困るのが、お風呂の湯船のお湯です。

お湯がぬるくなってしまうと、オール電化の家では、

基本的に追い炊きが出来ないのです。

(電気給湯器やエコキュートでも、

お風呂のお湯を循環させてボイラーまでもっていき、

熱くしてからまた風呂へと戻す循環方式を持つものはあります)



そこでどうするか?

『家族でオフロに入る時間を決めましょう。

いっぺんに全員が入ってしまえば問題ありません。』

なんて言うつもりはありません。(^^;)

ホントはそれが一番エコなんですけどね。



電気給湯器やエコキュートの場合は、

『指し湯』をします。

高温(60℃くらい)のお湯を入れて、

ぬるくなってしまったお湯の温度を上げるわけです。

オフロのお湯が、すごくぬるくなってしまった場合には、

少しぬるいお湯を抜いてから、高温指し湯をすれば、

ちょうど良い温度まで上げることが出来ます。



我が家では、18〜20時の間にお風呂に入るようにしているので

夏場は、ほとんど指し湯は使いません。

秋〜冬に使いますが、その時は湯船のお湯で体を洗って、

湯船のお湯を少なくしながら、高温指し湯をするように工夫しています。

指し湯をすることによって、新しいキレイなお湯が出てくるワケですから

比較的、湯船はキレイになります。



慣れないと面倒かもしれませんが、

慣れてしまえば全く問題ありません。快適です。(^^)



高温指し湯は、危険防止のため、ボタンを長押ししなければ

出ないようになっている、などの考慮がされています。

高温指し湯は、60℃とはいえ、かなり熱いです。

小さなお子さんがいる家庭では注意が必要です。

スポンサーリンク


「子供が火の怖さをわからなくなる?」へ 続く


Copyright © 2009- 太陽光発電とオール電化のホントのところ All rights reserved.
by 太陽光発電とオール電化のホントのところ