業者じゃない一般消費者だから語れる 太陽光発電とオール電化の真実(デメリット、短所、問題)を伝えます。


トップページ ホントにお得? デメリットは? 見積と導入 我が家の物語 NEWS! 最新情報
 

  太陽光発電でお得なこと なぜ 夜間の電気料金は安いの?



オール電化住宅に住むと、夜間電力が割引になるサービスを受けられます。

では、電力会社はなぜ夜間の電力を安く提供できるのでしょうか。



それは、は電力が余っているからです。

電力会社は様々な方法によって電力を生み提供しています。

火力発電、原子力発電、水力発電など、発電方法やその方法を使う割合は、

電力会社によって異なります。

電力会社は、一番需要の多い日中の電気の需要量にあわせて電力を生産します。

つまり、電力は余ることがあっても、足りないことがあっては困るため、

電力を十分に確保する必要があります。

ここで問題になるのは、

「昼は多く電気を作り、夜は少しだけ電気を作る」

という生産方法を、電力会社がとることは出来ないということです。

大きな機械を止めたり、再始動するのはコストがかかるからです。

特に、原子力発電は、出力を調整するのに非常に危険が伴います。



作った電気は貯めておくことが出来ません。

人々があまり活動しない夜は、電気が余って捨てている、

という状態になっているようです。



これらの問題を解決する方法として、

オール電化住宅へ夜間電力契約サービスがあります。

夜間は電力が余っているので、多少安くても電力を使ってもらった方が

電力会社の利益にもなります。

家庭の電力消費を夜間に移行することで、余ってる電力を売る事ができ、

また日中と夜間のエネルギー消費のバランスを良くする事も可能になる、

というわけです。



そこで、電気温水器やエコキュートなどで、

夜間の安い料金でお湯を作れば、

家庭では節約になり、

余った電気を捨てることもなくなるのです。

余った夜の電気をうまく使いたいですね。

スポンサーリンク


「無料レポート【太陽光発電とオール電化 5年間の記録】」へ 続く


Copyright © 2009- 太陽光発電とオール電化のホントのところ All rights reserved.
by 太陽光発電とオール電化のホントのところ