業者じゃない一般消費者だから語れる 太陽光発電とオール電化の真実(デメリット、短所、問題)を伝えます。


トップページ ホントにお得? デメリットは? 見積と導入 我が家の物語 NEWS! 最新情報
 

  太陽光発電とオール電化 太陽光発電でお得なこと 売電



太陽光発電システムを導入すると、

太陽光発電システムで発電した電気を、自分の家で使うことが出来ます。

(当たり前ですね)(^^;)

でも、昼間は家庭で電気を使うことはあまりないため、

余剰電力が生まれます。

その余った電気を、電力会社が買ってくれる仕組みになっています。

これが「売電」です。



「使う電気と、売る電気の切り替えはどうするの?」

これは、太陽光発電システムが勝手にやってくれます。

生活している僕らは、太陽の光が電気を作って売ってくれるのを

ノホホンと感じていればよいのです。



このシステムによって、

太陽の光が強くて、電気をあまり使わない月(特に夏)は、

使う電気よりも、売る電気の方が多くなることもあります。

つまり、光熱費がタダになり、さらにお金をもらえることもあります。



我が家の例を参考にすると、

太陽光発電を導入した翌年の 2006年5月に

電気料金の請求金額が 6,786円 で、

売電の金額が 9,976円 になり、

3,190円のプラスになりました。(^^)



いいことばかりを書くつもりは無いので、実情を話しますと、

この年の5月、連休中は家にいませんでした。

実家に遊びに行っていたのです。(^^;)

まだ、息子2人も小さかったので、

電気の消費量も少なかったこともあります。

5年間の統計を取っていますが、5月が一番余剰電力が多いのです。



ともあれ、光熱費がタダになって、お金がもらえるのはウレシイことです。

これが、太陽光発電でお得なところの一番のポイントです。

スポンサーリンク


「太陽光発電でお得なこと 電気を節約するようになる」へ 続く


Copyright © 2009- 太陽光発電とオール電化のホントのところ All rights reserved.
by 太陽光発電とオール電化のホントのところ